nRF51822のS110 v7.1を使うプロジェクトを作る(CMSIS)

nRF51822はBLEの利用できるNordicのチップですが、ソフトデバイスと呼ばれるNordicの用意しているプログラムを利用することで簡単にチップからBLEのadvertisingを出せたりします。

そのソフトデバイスにはいくつか種類がありますが、違いはCentralになるかPeripheralになるかです。
S110はPeripheral用のソフトデバイスです。(CentralはS120で、両方ってのがS130)

S110自体はNordicのサイトからhexファイルでダウンロードできます。
また、KeilのCMSISにS110を使うためのもろもろが用意されているので今回はCMSISを使ってプロジェクトを作り、とりあえずAppleのiBeaconと同じパケットを出して見るところまでやってみます。

Keilを開く

ではプロジェクトを作りましょう。
ターゲットを nRF51822xxAAでプロジェクト作成します。
CMSISにS110を追加。まずCMSIS管理画面で
nRF_SoftDevice, nRF_Libraries, nRF_Drivers, nRF_BLE, それにnRF51822のデバイスのものをInstallします。それから、このプロジェクトにS110を追加し、関係するファイルも追加します(Resolveを押すと関係したファイルを一斉に追加してくれます)
終わるとこんなかんじになるはず
F60A5EB1-9C5E-4287-BB92-0F2A55391F9D

あとはプロジェクト設定です。S110とフラッシュに同居するのでROMやRAMの設定が必要です。

プロジェクト設定にて
Xtalを16
ROMを0x16000 – 0x29000
RAMを0x20002000 - 0x6000
UseMicroLibにチェック

プロジェクト設定 C/C++
Defineに
NRF51 BLE_STACK_SUPPORT_REQD S110 SOFTDEVICE_PRESENT
MiscControls に
–c99
ASMにも同じdefine

プロジェクト設定 Linker
Use memory layout from target dialog

プロジェクト設定 Debug
DebuggerにJLINKを指定。

DebugSetting
SettingでPortをJTAGからSWにする
FlashDownloadのRAMは
0x20000000 – 0x2000
ResetAndRunにチェック入れると便利

 

プログラム

プログラムは
https://github.com/yuki-sato/nRF51822-S110-v7-iBeacon/
に用意しました。
NordicのS110の別のチップ用だったサンプルを流用したものです。
main.c以外にめんどくさがりな貴方のために、プロジェクトやCMSISもそのまま置いてありますから、これをCloneしてきたらすぐにフラッシュ書き込みしてiBeacon出せるはず。

ちなみにライターは勝手にJLinkでマイコンとつないでることにしてますが、そういう人多いはず。
その場合はこれで問題なくフラッシュ書き込みできるはず。
S110を書き込むのは忘れないように。nRFGoで書き込んでくださいね。

S110を書き込むときの注意

S110を書き込むときにはまず
最新のnRFGoを使う
ことを忘れないで下さい。そうじゃないとv7のS110は書き込めません
あと、まだ詳しく調べられていないのですが、protectionのチェックをはずさないと途中でエラーで割り込まれてしまいます。エラー割り込みの引数
uint32_t error_code, uint32_t line_num, const uint8_t * p_file_name
それぞれ 2 0 0 となる感じで。同じ症状の人はprotectionを外しましょう。

8543A411-27FF-4EBB-AB33-444767B88044

One thought on “nRF51822のS110 v7.1を使うプロジェクトを作る(CMSIS)

コメントを残す