吸引はしてくれるけどヘッドが回らなくなったので、バラして治すことに。

最初疑ったのはスイッチで、ヘッドは下に降りてないと回転しないようになってるからこれの故障が怪しい。
手で押したらたしかに上がらないので「これかな」と思って一度分解。

中を初めてみたけど結構単純でタクトスイッチを押すようになってた。
そして押せないのは中にパチンコの玉みたいなのが入っていて、天地逆転だとボタンが押せないようになってたからだった。なんだ安全!よくできてる。

しかし、振り出しに戻る。

あとは

  • モーターが壊れた
  • スイッチ自体が壊れてる
  • 電源がヘッドに来ていない(断線?)

なので、そうであってほしいと思いながら、まずはテスターで断線を調べる。

掃除機のコンセント入れながらテスター当てて動かす。
まずはヘッドの基板。
100vがきてるのかDCが来てるのかわからないのでテスターをどのモードにしようかやや不安に思いながら(自動だからどのみち壊れないんだけどね)電源入れると、電気が来てない!
おっとこれは断線かな。
次にノズルの穴に入れると12V DCが来てるので、明らかにケーブルの問題。
そしてヘッドのために12vDCを作るんだね。そのほうが感電リスク下がるしいいよね。

テスターで通電チェックすると片方だけ通電しないので確実。

更にバラすとヘッドとノズルをつなぐところの金属のピンから線が外れてるのを発見。
ちょろっとはんだ付けして治りましたとさ。

こんな複雑なやつが1万円ぐらいで売ってるんですね。。すごいな。
ただケーブルも結構圧迫されてて断線するんじゃないかと不安になるけど、昔分解した他の家電も一緒だから意外とこんなもんなのかも。
プラスチックに回路がうまく印刷できればいいのにね。
配線なんてなくなってカバー閉めれば配線も完了ってできるのにね。

Categories: 未分類

0 Comments

コメントを残す